収納コラム

玄関にあると便利な収納スペース

玄関の収納といえば、靴と傘を入れる一般的な玄関収納のみというご家庭が多いのではないでしょうか。

しかし、玄関収納としての下駄箱以外の収納スペースを作ると、暮らしが格段に便利になること間違いなしです。

最近はシューズクローゼットと呼ばれる1~2帖程度の空間にフレキシブルに収納できる場所があることも増えました。

靴以外にも、家族のスポーツ用品やアウトドア用品、キャリーケースにベビーカーなどの収納に既に活用されているご家庭もありますね。

それ以外にもあると便利な収納ってどんなものでしょうか。

 

画像:ウッドワン

 

【ストック品の収納】

買い物から帰ってきて、日用品の大きな荷物はどこに置きますか?

重いお米や備蓄品の水、ウォーターサーバーの水や箱買いの缶ビール。また、トイレットペーパーやティッシュの箱、ペットのえさや園芸用品などのストック品は、玄関にストックヤードとしての収納を計画するのがおすすめです。

 

画像:パナソニック

 

【手放すモノの一時置き場】

最近はインターネットで買い物をする機会も増え、段ボールや梱包など処分するものの一時的な置き場も必要に。古新聞や書籍、資源ごみをはじめ、誰かに譲る、売る、捨てるモノの一時置き場としても活用できます。

不用品を処分する気持ちはあっても、タイミングが合わないこともあり、そんな一時置きができる収納が玄関にあると、捨てるタイミングですぐに出せますね。

 

【子どものスポーツグッズや学校グッズ】

子どものおけいこや部活のスポーツ用品などの収納を設けてはいかがでしょう。砂や泥がついたモノを部屋に持ち込まなくて済みますし、お掃除もラクです。

また、重いランドセルや学校リュックなどの置き場を玄関つくるのもひとつです。ランドセルはここにという場所を作ってあげれば、2階の自分の部屋まで重い荷物を持って上がらなくても済みますし、その辺にポイポイ置いてしまうこともなくなります。

 

【コート収納】

玄関先にコートなどを収納するスペースつくることは以前から提案されています。

花粉の時期や、昨今のようにウイルスわ部屋に持ち込まない工夫のひとつとして、すでに玄関に収納されているご家庭もあるでしょう。

帰ってきたらすぐに脱ぐ、打かける前に身に着けるようにすれば、「コート類は年中玄関に収納する」という発想にもなります。

衣替えもなく、季節の終わりにクリーニングへの出し入れを他の服と分けることでラクにできそうです。

 

画像:ウッドワン

 

【まとめ】

一般的に玄関は靴や傘の収納と考えがちですが、家の内と外との「出しやすい・入れやすい」玄関を、「大きい・重い」モノの収納スペースとして活用することが、家事や暮らしのラクにも繋がりそうです。

また、玄関先に手洗いスペースを設けるのもおすすめです。

自分にとってどんな暮らしが快適かを想定して、収納スペースを具体的にイメージしてみることが大切です。

収納の形や大きさ、棚やハンガーパイプの有無などを考えるときの目安になり、これからの暮らしの変化に対応できる収納にできるはず。

玄関からLDKへの動線上に、ぜひ計画したいものです。

 

画像:ウッドワン

整理収納|整理収納

ページトップへ